PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

三瓶山

島根県の三瓶山へ登ってきました。

室ノ内を囲む回りの峰々を歩いた。
(西の原→子三瓶山→孫三瓶山→太平山→女三瓶山→男三瓶山→西の原)

室ノ内の進む紅葉と素晴らしい眺望がよかった。

子三瓶山頂
天の梯子(光芒)
255

孫三瓶山山頂
263

室の内
進む紅葉
256

男三瓶山の眺望
257

男三瓶山・子三瓶山
258

子三瓶山・孫三瓶山
259

出雲・島根半島
260

男三瓶山山頂
261

西の原登山道を下った。
262




スポンサーサイト
[ 2013/10/26 21:05 ] 島根の山 | TB(0) | CM(0)

日本百名山

これまでの百名山

22  磐梯山
39  妙高山
40  火打山
52  富士山(8合目)
55  穂高岳(涸沢)
87  白山
88  荒島岳
89  伊吹山
90  大台ヶ原山
91  大峰山
92  大山
93  剣山
94  石鎚山
95  九重山
96  祖母山
97  阿蘇山(ロープウェイ)
98  霧島山
99  開聞岳
100 宮之浦岳




日本百名山全頂一覧
[ 2013/10/20 11:34 ] 百名山 | TB(0) | CM(0)

天山

花の名峰、天山へ登ってきました。

雄大な天山を散策して、初めての風景、たくさんの花など

自然の素晴らしさを感じてきました。

午後15時スタート。天山上宮駐車場より歩いた。
本当は翌日に七曲峠より歩く予定だった。


ムラサキセンブリ
250

251

252

253

254






[ 2013/10/20 10:56 ] 九州 | TB(0) | CM(0)

剣山

10月13日

紅葉目当てに剣山登山を楽しんできた。

見ノ越剣山登山口リフト→西島→刀掛の松→剣山頂上1955m
→ジロウギュウ→見ノ越

歩行2時間40分のお気軽コース。


相方は三度目にして初めてのジロウギュウ1929mへと向かう
美しい山容に惹かれていたのだろう。
245

246

247

248

249




[ 2013/10/14 19:37 ] 四国 | TB(0) | CM(0)

ツメレンゲ

岩山ハイクへ行ってきました。
低山ですが、まちの眺望が心地よかった。

241

242

ツメレンゲ
243

アサギマダラが見れた。
今年は早く群れは西方の竜王山へ集結してるそうだ。
244
[ 2013/10/12 20:22 ] 野の花 | TB(0) | CM(0)

東ノ原

東ノ原に放牧牛がでていました。
自然環境境もよく優れた毛並と体格の牛。
大人しい牛は日本人と長い付き合いもあり親近感もある。
草原と牛の風景は長閑で心惹かれる好きな風景だ。

238

239


[ 2013/10/06 22:22 ] 風景 | TB(0) | CM(0)

女三瓶山

尾道松江線へ車を走らせ女三瓶山へ登ってきた。
整備作業の後でスタートは遅かった。

三瓶山は島根県のほぼ中央に位置する山。
中国山地のメイン軸から離れた独立峰で、山頂からの展望が開ける。
北には日本海、島根半島。西には大江高山火山の山群、東に大山、南に中国山地が望める。


西の原から眺める男三瓶山
229

太平山&中国山地
230

男三瓶山
231

室ノ内池
232

ヤマラッキョウ
233

女三瓶山
234

東の展望を満喫の相方
先月は広島の山でクマを目撃したばかりだと言うのに前を行く
235

室ノ内
向こうに大江高山火山の山群が望めた
237

太平山
236




[ 2013/10/06 20:35 ] 島根の山 | TB(0) | CM(0)

道後山

広島県内一を誇る大草原の道後山を歩いてきた。

県東北部の鳥取県境にあり、春から秋にかけて数多くの花が咲き誇る。

花の百名山で知られる田中澄江さんも訪れたこともある花の名山である。

たおやかなな山上は霧に包まれ、展望は無かったものの、お目当ての花に出会えて満足した。


岩樋山~道後山へ
225

ハイキング感覚のお山なら問題なく歩ける。
224

アケボノソウ
花は開閉を繰り返し、太陽光による気温の上昇とともに花開く。
226

リンドウ
227

ウメバチソウ
228


マツムシソウ・ヤマラッキョウ・タンナトリカブト・シコクフウロなども見られた。
[ 2013/10/03 20:57 ] 広島の山 | TB(0) | CM(0)